YAMAHA TY ご存知だろうか?トライアルタンクである。
奈良在住の、南工房からの依頼です。

スリムな線を求めるのであれば、トライアルはを選択するのは間違いではない!いや正しい目線だ。

何を選ぶかじゃなく、線をどう捉えるかが問題なのだから。では、正解をお見せしましょう。

 

ショボイ。確かに。
しかし、見ようによっては何てシェイプされたタンク!

原寸を記録し、外装部とトンネル部を剥離。
このタンクを延長すれば、長く見え容量も増すって一粒で二度美味しいのだ!

 

最後端はシボリがきついので、余分目にカット。
で、延長部の材料をタンクに宛がって見た!の図。

 

宛がったプレートに曲面は形成されていない。
タンクの曲面と、プレートの曲面を均一に均し、サイド部も同じく成型する。

何につけてもそうだろうが、材料は少し長めに確保するのがセオリーだ。
トンネル部も延長し、組んだ状態を確認。

 

トンネル最後部は、取り付けステーが溶接されるので、補強プレートを別に製作し取り付けておく。

いつもならここから組み上げ作業だが、今回はタンク装飾に入る。
上面に同じ曲面でアルミプレートがリベット打ちされる。で、型紙製作だ。

 

造るのはプレートだけではない。
今回のユーザー”南ッチ”はアルミプレートにリブが欲しいとの事。

(どお言う意味か分かってる?)何て感じつつも、OKOK〜〜〜!てなノリで、リブ駒を造る事にした。

 

上左の図は試し引き。そして上右の写真は切り抜いたプレート。
これにリブを引きます。

 

プレートの外線を切りリベットを打ちました。
右の写真は裏から見たものです。

そうですよ!リベットはタンクを貫通しているのですよ。漏れない?
てか、漏れるようじゃ初めからこんなことやってませんよ。

 

ユーザーがペイントショップのオーナーだけに隙がないな。
フィニッシュの写真はなかなか掲載できない物だが、物造りはやっぱフィニッシュまで見届けないとね。


(ホームへ) (戻る)

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー