久しぶりのハーレーです。

オーナーから、幾つかの形を聞いていたのですが、市販されている形も存在し
煮詰まったものがこのノーベンダーでした。

ベンダーとはパイプを曲げる機械ですが、この形状だとベンダーが必要ないところからこうなりました。
オールステンレス製で、金額は工賃込みで6万円です。

 

何が難しいって、切り口の角度あわせが難儀しました。
左の写真のように、手間を食いますが、型紙を作るのがいちばん。

パイプ外形と同じ外周の型紙を、宛がうだけで切り口がマーキングできます。

 

こんな感じです。

 

以前に説明しましたが、このマフラーのエンドにはキャップを挿し、リベットを打ちました。

 

リベット打ちの振り分けは、マスキングテープをパイプに一週巻き、
破れないように取り外し個数割りします。

再度、割り振ったマスキングを巻いて線を引きます。

線を描く際に、曲がらないようアングル材などを、パイプに沿わせます。

 

リベット打ちはこんな感じ。

マフラーの芯を買ってこようか迷いましたが、(買っても安価)ステンレス材料が有ったので製作。

 

あっさりしていい感じです。

スリムな車体を侵すことなくオーナーご満悦です。

(戻る)

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー