冒頭の写真を撮り忘れた。
マイバイクなので、どこか緊張感が足りていないのか?
それはありうる。

かなりのマニアが存在するこの分野。
SW9638テイストで突っ走ります。
基本的にノーマルのシルエットを守って、カスタム着手です。

 

そこそこ遣れています。
塗装に関してはフレーム共々やっつけちゃいます。

 

タンクに関しては、若干のカスタムを考えています。
右前部に凹みがあるので、ついでに直しちゃいます。

 

ガソリン臭は非常にヤバイので、タンク水洗いの図です。

で、私の大嫌いなタンクの耳。
これ!切っちゃいます。こじんまりしてシェイプされます。
名づけて!”ノー イヤー タンク”ギャハハハハハッ。芸が無いか!

 

最近のSW9638テイストとしては、リベット打ちは外せません。

アルミ板をフロントフェンダーと同じ曲面を造り、フェンダーごとリベット打ちです。

 

タンクにもリベット打ち。
これ、タンクを貫通して打っているので、一度タンクは切開されています。
従って、右前部の凹みも綺麗に板金できます。

どうです!耳もスッキリ無くなったショ。
え〜とコレなんて言う加工方法だったかな?
あっ、”ノー イヤー タンク”だったな。直訳すると・・・ギャハハハハハッ。

 

早ッ!できちゃいました。

 

パニアケースがいいものでしょ。
BMWで、パニアのありがたみを知っていますので、付けちゃいました中華パニア。

 

しかし安い。確か送料込みで2300円だったか。
私なら、パニアの開き止めワイヤーを付けるのも嫌がる値段だ。

やられちゃったのが左の写真。
「おっ!背もたれパットが付いてる」と購入を決断したのだが、これ樹脂でできていました。
痛いのなんのって。

まっ、仕方ないか。と思いながらパニア蓋を開けてみると。LEDライト!

「この度は、当社の商品を購入いただき感謝いたします。
これは感謝の気持ちを込めまして、ささやかではありますが、おまけを同梱いたします。
末永くご愛用いただけたら幸いでございます。」

何て気の利いた!
これで!かあちゃんと喧嘩し、真夜中にバイクでぶっ飛ばしても
ヘルメットの前後ろを、間違わないですむ。

俺はこの値段では、おまけのLEDライトに電池を入れるのもお断りする。


(戻る)

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー