しかし日本人と会わない。
広すぎるから?

何処から来た?って聞かれて”日本から”って言うとビックリするもの。
まっ、フロリダから言うと地球の裏だもの日本は。

てなわけで、今年もデイトナバイクウィーク2013にやってきた。
今年のメンバーは松山さん宮崎君と橋本君それに私。

計4人の旅行となったが、今年は賢くなってスケジュール表なるものを制作した。

無責任な人がいて、アメリカに行くというと、じゃアレ買ってきて!って言葉をよく耳にする。

買ってくるのはいいのだけれども、拠点となるホテルからどこへ行けばよいのか?
こちらで探せと言う事か?

貴重な時間がそんな輩の一言で、どんどん減ってゆくのだ。
人にものを頼むときは、ストリートの名前と店の名前くらいは、自前で調べてほしいものだ。

気の利く人なら泊りのホテルを尋ねて、商品がホテルに付くように発送してくれる人だっている。
これなら貴重な時間が減ることが無い。

それはさて置き、スケジュール管理のもと、行動できたかはこれから検証してくれ。



ここは中継地点のミネアポリス。ここまで12時間ほど飛行機に乗ってます。これから
国内便乗換のフロリダ国際空港。3時間ほどのフライトです。



日本からは3月11日15時の便に乗り、機内で14〜15時間過ごし、到着したら3月11日の19時。
ここまでで36時間ほど起きてるのに。

まっ、機内で寝てないのでこれから寝れば問題ないでしょ。
私はアメリカでの時差より、帰ってきた日本でのほうが時差ボケが辛いのだ。

翌、12日と13日はみっちりフリーマーケットに時間を費やしたので、
マリファナパーティーに誘われた以外はこれと言って書くことが無い。

この二日間は割愛させていただきます。



今回のホテルは格安でフルキッチン付き。
これで夜食がうく。

と言うより、毎日ハンバーガーは飽きてしまうのだ。
地元のマーケットに出向いて、どんな食材があるかも興味津々。

で13日夕食は男料理の完成です。

ハイ。毎日コロナビールでお疲れさん。
これだけはアメリカでも同じ味。瓶ビールの口のみは最高です。

さて、上記写真の左の左に宮崎君が疲れをいやしています。
でも彼の目が死んでいるのは、撮影者だけが知る事実だ。

 

3月14日午前7時スケジュールは動き出す。

本日はデイトナレース場へダートトラックレースの観戦。日が沈んでからの観戦なので、
午前中は買い物や周辺の電気店やらスポーツショップへ。

レース場の周りをグルグル。



フリーマーケットの敷地に、三ノ宮〜元町高架下のようなお店がひしめいています。
(神戸を知らないお方はご容赦ください)

敷地は元町の5倍ほどあるかな?ここでバックルを買おうか迷ってたのですが
これだけあると一つに決められないでしょ。

写真はバックル全体の1/4ほどです。




因みにホテルの朝の風景。
バイキング形式の朝食で、もち東洋人はいません。

右の写真はデイトナのレース場のトイレ!毒々しい手洗いソープを見てくれ!
これだけ引いて撮影しても、その存在感は圧巻。

 

デイトナレース場前では各スポンサーサイトが宣伝車両を持ち込んでます。



一昔前のカスタムにも見えますが・・・・・・。



バイクばかりで、たまに車が出ると目立ちますよね。

ワーゲゲンロッドだと思うのですが、じっくり見れないほど車両が多いので
流してしまいました。



凄い盛況です。
各メーカーが看板車両を持ち込んで、アピールしております。



日本では毎年二泊三日の四国林道ツーリングに出かけるのですが、緊急の仕事電話が入るとドキドキします。
緊急の修理が入る可能性があるからです。

しかしフロリダでは違ってきます。
だって「すぐ修理に来て下さいっ」て言われてもどうしようもないだものの。ギャハハハハハ!

従って吹っ切れています。
トラックダートも完全燃焼で楽しめてしまうのです。ハイ!



むかしモトクロスレースに没頭してた頃。レースに勝つ秘訣をある人から伝授された。

他者がブレーキを掛けるポイントでアクセルを開ける。
他者がアクセルを開けるポイントでなお開ける。

そりゃそうだって思ってましたが、この人たち忠実にそれを守ってます。

ここで感心したのが年配者が多い。
日本で言う所の60歳〜70歳くらい?

レースの間にも何やら若い時の話に興じている。
日本で言うと、飲み屋さんとでよく見る光景ですが、それをレース観戦で熱くなれるのが羨ましい。

もうすぐ23時になろうと言うのに、モータースポーツでじいちゃんが熱くなってんだから。
日本からすりゃ全く羨ましい限りですよ。

”モータリーゼーション”って奴は、海外で実感できるものの一つですよね。



そうそう、レース観戦前に本屋に寄ったんだけども、本屋の前に駐車されてた車。

こんな車に乗って俺も雑誌なんて買ってみて。フロリダはフロントにナンバープレート付けなくても
良いようで、ほとんどプレートはリアのみ。

因みに右折は赤信号でも交通量を確認しながらなら、右折できちゃうのだ。

晩御飯はファイブ・ガイって言うハンバーガー実はこれ、オバマさん一押しのハンバーガー。
確かに今回様々なバーガーショップの中でも一番おいしかったバーガーです。

日本でどこか展開されていないのか?
写真に写っているピーナッツは食べ放題でしたよ!

これで14日は終了。
濃い!濃いね〜。いい感じで日程消化してますよ。



15日はみっちりOffロードを堪能します。

実はこのオフ車のレンタルは日本から予約できなかった一つでした。
何故かって?
そう、州が変われば話へ別なのですが、デイトナではバイクウィークが開催されている期間は
モーターサイクルのレンタルは直接電話してくれなんです。

実は州が変われば話は別みたいに書きましたが、近郊にある州もレンタバイクはデイトナへ
流れるようで、近郊の州もモーターサイクルは品薄でした。

従って13日と14日にレンタバイク屋と連絡を取り合って本日を迎えたわけです。



砂質がどう表現してよいのやら・・・・・・フカフカなんです。

まるで真綿の上を走っているよう。だけどスタックはしない。
熊を追い回す輩がいるらしく、熊を見つけてもバイクで追わないで下さいとのこと。

「はい分かりました」って普通そんな事せんわな。

お気づきか?休憩中の橋本氏と松山氏。
時差に慣れる間もなく、ハードスケジュールで目の下にはクマが・・・・。

熊だけに熊に出くわし、熊ったあげくクマつくった顔で熊を追い回さないでくださいよ〜。



日本でもこんな過酷なスケジュールを組まないのに

ここ北アメリカの南部で実行している私たち。生きてる間は絶えず前が掛かり。
死んでからゆっくりしましょうね。



てなわけで15日の夕食も男料理〜〜!

忘れないうちにコロナビールで乾杯!

部屋には調理器具や食器などが完備。

口紅がグラスに付いているもののそこはアメリカ。細かいこと言わずに流して流して。



男の料理。

ハフハフ言って食う料理が基本的にアメリカにはないから、口の中を火傷しそうな料理が食いたくなる。

イトメンのチャンポンメン。このチープさがたまらない。

緩やかに時間が流れるなか・・・・・。そう言えばせっかくフロリダに来てるのにそれらしい所に行ってない。

日本で有名なのはディズニーランド。この面子じゃガラにもない。
Nasaケネディ宇宙センターこれは最終日に予定してある。

となると・・・・・。”キーウェスト”ここに行かなきゃ意味が無い。
地名は知らなくとも映画やCMなどで誰もが一度は目にしていることだろう。

野郎4人は即決で行くことに決定。

確か地図ではキーウェストなんかそこからそこ。サクっと車で行きましょう。
て〜事で調べてみる。予定表を作っていたにも関わらずだ。

片道700qある。

みんな押し黙る。

橋本君がラーメンをすする音が部屋に響く。

松山さんの瞳孔が確かに開いた。

私は宮崎君のほうへ視線を移したが、宮崎君はゆっくり瞼を閉じた。
私の視線はそのまま時計へ。

23時30分

時速100qで走ったとして7時間かかる。
いやいやフリーウェイは時速100qで走れても、キーウェストが時速100qで走れるわけがない。

キーウェストは片道で150qほどあるから往復300q
時速50q平均とみて入って出るまで6時間。

飯食ってワ〜綺麗な〜!なんて言ってると、1時間30分くらいは覚悟しなくては。
て〜ことは〜。

行程1400qで1100qは11時間。
残りの300qは6時間。
飯食ってワ〜綺麗な〜に1時間30分。

計18時間30分。

朝6時に出て日が変わる0時には帰ってこれる。
モトクロス走ったこの体で。

え〜と先週からサマータイムが始まって一時間早くなって、体が痛くなるのが2日後だから・・・・・
キーウェスト行って帰るのが翌0時だから体が痛くなるのは・・・。

え〜い!そんなことど〜でもええわ。
分け分からんくなってきた。



行きますか松山さん?
私はセヴンマイル・ブリッジに行きたい。

そこがキーウェストです。OKですね。

橋本君キーウェスト行くか?
バイクで熊を追い回すて・・・・。

あかん!パニック状態や。

宮崎君は?

帰ってくるのに20時間ほど掛かりそうですね。
俺より1時間30分多い計算。

サービスエリアに寄ったり朝食や夕食を計算に入れると。
この男は冷静や。

じゃ逆算しよう。

俺は11時間30分計算してたから朝の6時にホテル出ればいいかなと思ってたけど、
今の話じゃ当日中に帰ろうと思えば4時に出るってことになるけど。

いや初めての土地だし、土地勘ってものもまるでないから2時間は余裕もっておかないと。
松山さんもこっちに戻ってきたようだ。

じゃ2時に出ますか。
もうすぐ0時だから2時間ほどしか眠れませんが。気持ちは固まったようだ。
一人を除いては。

熊を追い回すて・・・・。
まだ言ってるし。

橋本君はソファーで。

体のことを考え宮崎君と松山さんは床で。
私は一人でキングのベットを占拠したのだった2時間だけだが。



2時に起床し、キーウェスト途中のサービスエリアで休憩。勿論外は真っ暗。
片道450qでサービスエリアは2か所だけ。



キーウェスト最初の画像がトイレです。

トイレってお国柄が出るのよね。
公衆トイレなんだけどもまあ落書きなんかみられない。

モラルは間違いなく日本より高いよね。
トイレットペーパーの取り回しが不思議でした。



ゼヴンマイル・ブリッジです。

来てはじめて知ったのですが、並行して旧道が残っているのですね。
朽ちていますがいちいち取り壊さないのがアメリカらしいです。

それから野生のペリカンが結構いました。

旧道は車両乗り入れ禁止のようでしたが、人の姿はチラホラ確認できます。

ほのぼのしたのは、この旧道から釣りを楽しんでいる人が居るのですが、
その隣でペリカンも竿先を覗き込んでいます。

きっと魚のおすそ分けを期待しているのでしょうが、ビックリするのはその距離です。
手を伸ばせば肩組できそうな距離にペリカンがいるのです。

橋から糸を垂らしてるので目線は欄干から半身を出して下へ首を垂れる。
ペリカンも欄干に立ち首を垂れる。

いいよ!いい感じよ。



そして終点はロータリーになっており、ここは一号線の始まりであり終点である。
終わることは始まること。

始まって同時に終わりが存在する。
生れ出た時点で終焉も生まれるのだ。深いね〜。

ついでに言っちゃうけど俺は人生ってクソだと思っている。

勘違いしないでくれ。何もしなければの話だ。

おれは頑張って生きる奴は頑張ったぶんだけ半券を手に入れるんだ。
その半券はいつ出番が来るかは分からない。

もしかして死んでからその半券が有効になるかもしれないが、間違いなく半券は自分の
手の中にあるんだよ。

頑張った見返りは人生を楽しくさせてくれたり、充実した気持ちを与えてくれたり
頑張った時間がその半券を与えれくれる。

お気づきかも知れないが、この写真に写ったアメリカの空を見てくれ。

ここはそんな気持ちを思い起こさせるそんな土地。
だからまた来たくなるんだろうな。



夏祭りで浮かれているおやじじゃない。

それは宮崎君だ。

アメリカきて時差にも慣れてきたのか、日に日にテンションが上がる宮崎君。

これから帰路につくが明日は本命のバイクウィークでのメインストリートと
カスタムショーが待っている。

そろそろこの旅の終わりが近づいてきたね。



これイメージショットじゃありませんよ。

こんな風景が普通に存在してます。



で、日本人まるだしの私たち。
デイトナビーチは車輛乗り入れOKなのだ。

確か$5。



デイトナビーチで昼食を取った後、バイクウィークのメインストリートだ。

バイクウィークは世界から人が集まる。

遥かかなたからこのメインストリートを目指してここを走りに。
だから、出迎える地元の人間もとても温かいのだ。

間違いなくバイク好きがバイク好きを迎えている。



左の姉ちゃんはチャップスとショーツだけなんですよ。



そして旅の本命ラッツホール。
入口がゲームセンターの中で半信半疑で入場。



ゲームセンターから出るとそこはプールサイト。

このプールを利用してカスタムショーが開催されてるんだ。



説明はない。

自分の目で楽しんでください。



























はたと気づけば明日が最終日。

忙しすぎて帰ることすら考えてなかった。



最終日をひかえサブウェイに舌鼓。
これとファイブ・ガイにはめがない。



最終日ケネディ宇宙センター。と橋本君お勧めのショッピングモール。

実はNASAはいまいち響かなかった。
おそらく説明がすべて英語だったからかな。

スペースシャトルの実物が見たかったのだけれども、工事中で見ることできなかった。
2013年8月完成だから、来年は見られるね。



実は来年のデイトナバイクウィークは不透明だ。
私としては1月にカリフォリニアのポモナで開催される(開催場所は変更される可能性あり)

グランド・ナショナル・ロードスターショーを目論んでいる。

カリフォルニアならバハ1000のコースも走ってみたいし、ソルトレーク(通称ソルトフラッツ)にも近い。

どちらにしても当分アメリカからよそ見はできないか?

帰り、成田空港の出口に差し掛かると、大勢の報道陣にビックリ!

どうやら次の便くらいでWBC日本代表が帰ってくるようで、もうちょっと待ってたらガッチャンコしたのに〜。


(戻る) (ホームへ)

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー