走行45000キロにして、不具合らしい不具合が発生した。
長距離走行後に、ふとタイヤに目を落とすと、ありゃ!お漏らしか〜っ。

ハーレーでは極自然の摂理が、BMWになると不具合になってしまう。これって不合理。
まぁいい。とにかくシール交換だ。

 

当初、タイヤに付いていたオイル染みはリア アクスル周辺から出ていた。
てっきり、リア アクスルギア周辺からだろうとばらしてみるが、
スイングアームを辿ってなんとギアケースからオイルが滴っていた。

ここまでの確認をして、ギアケースのシールを注文。

 

さて、作業はここからです。

まず、ABSのセンサーを取り外しとなりますが、ここをばらすとギアオイルが出ちゃいますから
こぼれ止プラグを差し込みました。

 

予定では取り外しは「リア フェンダー」「タイヤ」「プロペラシャフト」これで問題ないだろうと
思っていたのですが、いやいや楽しませてくれます。

上記のパーツ取り外しで、どうにかシールを剥がしても、圧入できないことに気が付く。
て訳で、「リア デフ」「スイングアーム」「リア サスペンション」「サイレンサー」
追加で取り外しで〜す。

 

今回作業のキーポイントです。
スイングアームの取り付け部ですが、キャップを外してみるとロックボルトが挿入されています。

このスイングアーム。左右一本のボルトでは結束されていません。
左右独立のセパレートです。

車で言う所のアクスルナット。バイクで言う所のトリプルツリーの締め付けが
理解できない人の分解は、避けたほうが懸命です。

一応、私は外周とナットとボルトにアイマークを入れ、位置関係を決めました。
このマークはここまで締めると言う意味ではなく、ここまで締まっていましたってこと。
ここは新車から数えて初めて分解する箇所だから、位置が変わってもおかしくないからだ。

 

スイングアーム・・・・・バイク パーツに見えないのは私だけか。
右の写真もまるでH・Rギーガがデザインした造形に近い。

 

純正シールの購入。
しかし安い。正規代理店で買ったギアシール1953円なり。

右はハスコのシールブレーカー。かぎ状の先端に、架け替えの効く5個の穴がいい仕事するのです。

 

シール内側から外に向かって爪を掛け、右写真のようにテコの原理で引き剥がす。

 

そして圧入だが、私は工具の仕上げ精度とサイズの豊富さから、ラッチェットの駒を使います。
これに宛がってプラスチィック ハンマーなどで叩いてやります。
エンドまで来ると、シールの動きがピシッ!と止まるので、見極めは正確に。

スイングアームやリアショックを分解したのは、このプラハンの振りかぶりができないからだ。

 

こんな感じで挿入完了。後は逆に組付けるだけ。

そうそう、コレに伴ってギアオイルも換えちゃいましょう。
いつもお世話になっています広島鋼HirokoのKZ LS Special。
知らないだろうな〜レース業界では有名なのですが。

その違いは・・・・・OIL信者になってしまいそうなので、やめておこう。

(戻る) (ホームへ)

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー