オークションでバーキンを落札した。

約1年セブンを探した。一年見てみて、相場が分かり、価格の変動も理解できた。
バイクと同じで、2月ごろから価格が上昇し、10月以降に価格が下がり、車両も増えた。

何気に、オークションを覗き、5月と言う季節もあり、勉強がてらと思っていたが、以前から売りに出ていた車両が
大幅に価格を下げそれも売り切りで。

シーズンに入り、さばけない車両に見切りをつけたか?
ここは迷わず入札。お金は落札した後に考えようって分けでゲットしました。

それでは車両引取りの経路を今回は掲載。いざ!九州へ。






計画では九州で車を引き取り、それに乗って兵庫県まで持ち帰る。

年式は96年製。エンジンはケントユニット。車両の状況が分からないので、そこそこの装備を固めた。

ラチェット、コンビレンチ、各6,3と9,5角のインチとミリサイズ。
はさみ物はプライヤー、ニッパー、ウォータポンププライヤ、ロングラジオペンチ、バイスプライヤ。
ドライバーとヘックスレンチ。配線工具インシュロックに針金。
それとパンク修理工具一式。



車を購入に当たり一番心配したのが彼らだ。

軍資金獲得の為に、身売りされる予測を立てたらしい。

CRM「雪だ雪だって冬山でちょけたから、俺が一番に売られるんじゃないのか?」

ハーレー「てか、未だ完成してないのに売られちゃうのか?」



GS「一回目の検査も経験ないんですけど」

ラジオ フライヤー「私、ここへ来たばかりなのですが。」(君!気にしなくて結構です)



いや〜皆さん!心配する必要はありませんよ〜。
誰も身売りされませんから〜。

てな分けで、出発準備完了です。



九州に実家が有るので、今回は一日早く出発し、翌日車両を引き取りに。
姫路駅からレールスターで九州へ。

新幹線、何年か前に上京してから久しぶりです。



乗車したのは丁度お昼。
食堂車で、一般では考えられない料金のランチを食うか思案してた所へ、
一般では考えられない料金の弁当を売りに来た。

1200円のお弁当!いただきま〜す。



てか、もうついちゃったよ。
まっ、小倉って言えば九州の入り口だもんね。

”のぞみ”じゃなくても九州まで3時間掛からないのね。

足かせのような工具を引きずり実家まで、本番は明日です。



一日置いて車輌を引き取りに。
細部の掲載は後にして、初登場の妹です。
車に感激しております。

そして、20年来のお付き合い盛田君です。



実家が住宅なもんで、この車が駐車できません。

そこで盛田君にお願いしました。
奥さんも綺麗でしょう〜。実物はもっと綺麗ですよ〜。

九州のラーメンが懐かしくなり、お願いして名物のラーメン屋にGoo〜!。

このラーメン屋さんが変わっていて、表の看板には「会員制」と記されています。
しかし実態は誰でも食する事が出来ます。

何人かの人間が束ねられて、頭数が揃うと「どうぞ〜!」
中に入ってみると、競馬で言うゲートのようなスペースに、一人づつ座り
目の前に置かれているオーダー表を埋めます。
麺は固いとか脂っこいとかです。



目の前にある、のれんの奥に店員が居て、そのオーダー表を”さっ”と取り上げて行きます。

まるで、ラブ ホテルに来た後ろめたさを、感じずにはいられません。
何せ、店の者とはほぼ顔をあわせる機会が、なのですから。

隣の盛田君に「これじゃ追加オーダー注文しにくいですよね」の返答に。
「箸袋に追加分の項目が記載されているから、印を入れて左上のボタンを押せば取りに来るよ。」とのこと。

そこまで顔を合わせたくないのか?



盛田君が「スープ飲み干した?」
「いいえ」
「ほら」

鉢の底に「この一滴が最高の喜びです」

んんっ、最後の最後にいい気分になりました。



次の日、盛田君にお礼をいい、帰宅の途へ。

そして改めて、車輌のチェック。

右のミラーは天を。(これ故意な細工はされていません)

左のミラーは地を。

おおっ。確かこれは生け花の基本ではないか。
天と地のはざ間に人間の存在を示す。

この車!ジャパニーズ テイストである。

幾ら直しても10キロほど走ると、或いは路面のギャップを拾うと、和のテイストを忘れないのである。

お前は何ていい奴なんだ!家に帰ってもきっと皆から慕われるぞ!



んんっ、サイドブレーキがない。
サイドブレーキのカバーが残っているって事は、元々は有ったって事だ。
検査受けたてなのに・・・・。よく検査にパスしたものだ。

大した奴だ。ある意味頑張り屋さんだ。
きっと根性でリアタイヤ ロックさせたんだろう。

それとアルミのボンネットが、風で飛んでくらしい。
途中で飛ばれてはかなわんので、インシュロックで引っ張る。



運転席側のシートはFRPのバケットが鎮座。

ショップの人に「大阪まで乗って帰るんですか?かなりキツイですよ。」

SW「はっ、(兵庫なんですけど)ハーレーのリジッド経験あるので、大丈夫でしょう」

ショップの人「リジッドの方がましかもな〜。しかし大阪まで」

SW「(だから兵庫なの)その気できてますから」

てな分けで、座布団購入です。



一人旅。いい感じです。
関門橋。九州脱出です。

初めて体感する目線いい感じです。

SAエリアに着くたび、人が集まってきます。

「これなんて言う車?」「写真撮ってもいいですか?」
「わしもこんな車に乗るのが夢でな〜」

初めは嬉しかったが、SA3回目の休憩ともなると、「もう構わないでくれ!」
「休憩させてくれ〜」「あんたらの夢を俺に語るな〜」なんて思ってくるのです。



ショップで「200キロが限界だろうな〜」の言葉を思い出します。

的確な読みありがとうございます。

脳みそも反応しなくなり、神経だけで走行している。
そう、まるで虫である。
虫の極意を掴んだとき、赤穂市の標識を目にし、少しづつ脳が目を覚ます。



帰宅後に、ナンキーとお豆さんが歓迎してくれました。

んんっ〜仕方ない!試乗しましょうか。



ナンキー子供のようにはしゃいでおります。
て、言うか子供です。

いや、間違いなく子供!



やっぱ女性は佇まいがいいです。
どこか大人です。

こいった事は女性は冷静の楽しんでいます。

それに引き換え男衆は・・・・・。



ナンバープレートはお約束。

これからのカスタムも色々と考えています。
セブンはこうでなくては!何て声も聞こえてきそうですが、私は自分のしたいように楽しみます。

先ず、ノーズコーンをアルミで製作し、ここにヘッドライトを埋め込みます。
それとバーキンでサンドバギーが造りたいとか・・・もう無茶苦茶です。
お楽しみにです。




最後に皆そろってパチリ!

バイク衆も暖かく迎えてくれました。

めでたしめでたし。

(戻る)

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー